児童養護施設 子供の家

開設

1948年(昭和23年)315

所在地

567-0048 茨木市北春日丘1−3−38

TEL

072-622-5030

FAX

072-623-8701

MAIL

kodomonoie@keitokukai.or.jp

定員

45

内容

様々な理由により、環境上養護を要する児童をお預かりして、家庭にかわって養護し、健全な社会人として自立することを支援している施設です。
随時、ボランティアを募集しています。

1 .目的
児童養護施設は、児童憲章及び児童福祉法に基づき、様々な理由により養護を必要とする1 才から18 才までの子どもたちを入所させ、家庭にかわって子どもを養護し子どもたちの自立心を育て、将来社会人として生活できるよう援助することを目的とした児童福祉施設です。

2 .位置及び環境
北摂の中心茨木市西部の春日丘丘陵にあって、近くには万博公園、ゴルフ場があり、また慶徳会の福祉セン夕一常観堂に隣接する、緑豊かなすばらしい環境に位置しています。また、当法人が運営している種々の老人ホームのお年寄りたちとの交流も盛んに行われ、家庭的な雰囲気の中で生活が営まれています。

3 .指導目的
児童が社会の一員となり、自立し、やさしい心と人のために尽くすという同朋精神をもつ人間となるよう支援計画をたて、毎日の具体的なプ グラムの中で生活指導を行っています。

昭和6 6

農繁期託児所開設

昭和233

戦後孤児浮浪児の増加をみたので、慶徳寺本堂・庫裡及び授産場の一部を改造して事業を開始。

昭和237

授産場廃止により、授産場を全面改造して児童福祉法による養護施設の許可を受ける。(名称:慶徳寺善隣館)

昭和322

慶徳寺善隣館後援会が結成される。

昭和333

お年玉つき年賀はがき寄附金により見付山1 丁目3 29 号に新築移転する。

昭和337

養護施設慶徳寺善隣館位置並びに設備変更の認可。
(名称:慶徳寺子供の家)

昭和456

日本万国博覧会の迷い子センターの業務を併設する。

昭和4911

定款変更により法人名を社会福祉法人慶徳会とする。

昭和513

財団法人中央競馬社会福祉財団、社団法人京都馬主協会の助成金を受け、便所、洗面所を改築。

昭和573

創立50 周年記念事業として、国、府補助金を受け、茨木市北春日丘1 丁目4 63 号に新築移転。(名称:子供の家)財団法人中央競馬社会福祉財団、社団法人京都馬主協会の助成金を受け、厨房設備を整備する。

平成76

名神高速道路の拡幅に伴って、国、府、市補助金を受け前施設の南西に移転改築。

一人一人の個性を認め、それぞれの自己実現を追求し、心豊かな社会人として自立できるようサポートしていきます。

施設は子どもたちにとって生活の場であり、自主性・自律性を重んじながら、子どもの最善の利益を求め、職員達とともにみんな仲良く日々の生活を送っています。
生活の重点は、人間関係・創造活動・日常生活技術などの学習をおこなえるように計画されています。それは起床から始まる生活日課の中で暮らしのリズムと生活目標を立て、さらに季節の行事を組み入れた年間のプログラムや余暇活動、個人としての趣味、地域との交流活動など、ひとりひとりが心豊かなたくましい子どもに育つよう援助しています。

 

6時半

 


 

 

12時

 

15

 

 

18

 

 

 

21







 


 

 

 












 













 



 


 

 

 

行事

入進学卒業就職お祝い会

花見花まつり

春のレクリエーション

西本願寺参拝・京都散策

地区ソフトボール大会

キャンプ

夏のレクリエーション

地蔵盆・納涼大会

敬老の日(花束贈呈)

北摂女子バレーボール大会

VUNMP会&子供の家体育大会

秋華祭文化発表会

北摂子ども大会

ドリームフェスタ子供の家

おもちつき

新春ゲーム大会

ウインタースポーツ

地域交流センター

ボランティアの情報交換の場、活動拠点の場として。
地域の人々と子どもたちが交流する談話室として。
家族や地域の人々が泊まれる宿泊室として。
その他、地域に密着した事業の実施を行っています。

利用について
地域交流セン夕一では、児童養護施設が長年培ってきた養育機能の専門性を活かし還元していくことを目的としていますが、単に設備と機能を地域に開放するだけで終わるのではなく、そのことによって施設は地域によって支えられることが必要であるということを認識し、また、地域は施設の専門機能を社会資源として活用する、という相互関係を目指しています。

 

地域小規模児童養護施設 フォスターホーム

開園日

平成18年4月1日

定員

6名

職員

4名(非常勤職員2名)

施設住所

茨木市見付山1丁目3-29

MAIL

fosterhomu@keitokukai.or.jp

建物構造

LDK(平屋一戸建て住宅)

内容

養護を必要とする子ども達の中で長期にわたり家庭復帰が見込めない子どもを法人や本体施設の援助のもと、近隣住民との適切な関係を保ちながら、より家庭に近い環境の中で生活体験を積むことで、心身ともに健やかに育ち、社会人として自立していけるように支援していく施設です。